FC2ブログ

ルンパッパとキングドラ

この2匹を比較してみる
種族値

ルンパッパ
80-70-70-90-100-70 合計480

キングドラ
75-95-95-95-95-85 合計540


特殊耐久以外はキングドラが勝っている。特にSの差がデカイ。

数値だけ見ればとくこうに大きな差はないが、この5の差で、201ガブリアス等のメジャーなポケモンに対して確定数や乱数に差がでたりするので、実は結構大きな差だったりする。
同じ5の差でもサンダースとライコウとは違う。

またルンパッパには落とし穴がある為、キングドラと大きく火力に差を付けられる事がある。その落とし穴については後述。





タイプ

ルンパッパ
みず・くさ
ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) どく/ひこう/むし
いまひとつ(1/2) じめん/はがね
いまひとつ(1/4) みず
こうかなし ---



キングドラ
みず・ドラゴン
ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) ドラゴン
いまひとつ(1/2) はがね
いまひとつ(1/4) ほのお/みず
こうかなし ---



耐性面では地面を半減できるのがルンパッパで、炎を1/4にできるのがキングドラ。
2匹とも本来水が苦手とする電気、草を弱点としていない。
また雨が降っている状態ならルンパッパも事実上、炎に耐性を持つ事になる。

一概には言えないが、地面半減できるルンパッパの方が、雨パの耐性としては使いやすいように思う。
ただし、飛行技の一貫性が高くなりがちな雨パにおいて、ルンパッパが飛行弱点であるという点には注意したい。虫弱点も痛い。

耐性が優秀なのがルンパッパ
弱点が優秀なのがキングドラ

こんな感じの認識で良いと思う。
弱点が優秀って変な表現だなw






ルンパッパの利点と難点

キングドラと比較してのものです。

利点
・草技
・気合球
・宿り木
・ニョロトノへの依存度が低く同時選出しやすい
・調整次第で襷ガブリアスにタイマンで勝てる


難点
・控えめだとスカーフガブリアスを抜けない
・技スペが足りない
・種族値が低い



・草技

キングドラよりも水タイプを突破しやすい。
キングドラにもドラゴン技があるので、水突破できないという訳でないが、高耐久のポケモンや再生持ちを考えるとやはり弱点つける草技はありがたい。



・気合球

雨パが苦手とする、ナットレイやユキノオーにキングドラよりも強い。
特にナットレイを突破できるのが非常に大きく、雨パの場合優先度は高い技



・宿り木

すいすいによる高速やどみがや雨受け皿での無限やどみが出来る。
他のやどみが持ちと違って、火力もあるのが大きな利点。
雨が降ってる状態なら普通に殴った方が強そうな気もするけど、やどみががあれば雨が降っていない状態でも腐りにくい。
それとヌケニンを倒せる



・ニョロトノへの依存度が低い上に同時選出しやすい

あくまでキングドラと比べてです。

雨状態で殴ることしか脳の無いキングドラに比べ、ルンパッパは雨が無くてもそれなりに戦える力を持ってるので、ニョロトノ無しのピン選出も可能。

またタイプや覚える技の関係上ニョロトノと同時選出しやすい。キングドラだとニョロトノと苦手なポケモンが被っているため(ナットレイ等)そいつらが居るだけで、選出しにくくなる。



・調整次第で襷ガブリアスにタイマンで勝てる

雨が降ってる状態ならばね。
キングドラがドラゴンタイプ故に襷を持ったガブリアスに勝てないが、ルンパッパなら勝つことが出来る。

しかし耐久無振りだと逆鱗で乱数落ちするので、ある程度耐久に努力値を割く必要がある。具体的に言うとBに20割けば高乱数耐え。36割けば確定耐え
ただし珠を持たせると調整が崩れるので、実際そこまで強いわけではない。



・控えめだとスカーフガブリアスを抜けない

雨状態での控えめルンパッパのすばやさ:244
スカーフガブリアスのすばやさ:253
キングドラと比べて大きく劣っている点。

臆病なら抜けるが、その場合火力が大幅に落ちる。種族値の所で言ってた火力の落とし穴とはコレのこと。
また臆病にすると201ガブリアスを1発で落とすためには冷凍ビームが必要になってくる。
つまり臆病にするなら冷凍ビームは必須。ただし技スペースが厳しい。

さらに臆病の場合、ハッサムやヘラクロスを一発で落とせるか怪しくなってきて、虫弱点である事が響いてくる。


・技スペが足りない

水とドラゴン技で広範囲に有効打を持てるキングドラと違ってルンパッパは広範囲に対応する為にはたくさんの技が必要になる。

ハイドロポンプ・波乗り・気合球・草結び・ギガドレイン・冷凍ビーム・宿り木・身代わり・あまごい
これらの技が全て欲しいので、技スペが足りなすぎる。
またキングドラよりもハイドロポンプと波乗りの同時採用が難しいので、ハイドロポンプの命中の低さがより浮き彫りになる。



・種族値が低い

スカーフガブリアスを抜けなかったり、微妙にメジャーポケモン相手に確定数や乱数で差が出たり、キングドラよりも種族値の低さが目立つ。





キングドラの利点と難点

利点
・水とドラゴンの範囲の広さ
・火力と素早さ
・ラティ等の氷2倍、水半減ドラゴンにタイマンで勝てる


難点
・ドラゴン技の不便さ
・雨への依存度の高さ
・ニョロトノとの同時選出のしにくさ




・水とドラゴンの範囲の広さ

水とドラゴン技だけでエンペルト・ナットレイ・ヌケニン以外に等倍以上を付くことができる。
ルンパッパよりも技スペースに余裕が出来やすいため、あまごいや身代わり、ハイドロポンプと波乗りの同時採用等がしやすい。

また一貫性の高さ故に眼鏡を持たせやすい点も一応の利点と言える。
ただし、一貫性が高いと言っても、事実上、高耐久・再生持ちの水タイプは苦手。



・火力と素早さ

控えめでもスカーフ110族を抜ける素早さは魅力。
控えめで必要な素早さを確保できてるので、ミラーを考えなければ、控えめにして火力を上げられるのがルンパッパに無い利点。

だが、もしこの先、ニョロトノ+キングドラが流行るようなら、キングドラの性格は臆病が増えると思うので、その場合、火力の差が少なくなる。


・ラティ等の氷2倍、水半減ドラゴンにタイマンで勝てる

ルンパッパだと冷凍ビームくらしか打点が無いので、タイマンで負けたりするが、キングドラならタイプ一致のドラゴン技を叩き込めるので、勝つことができる。
ただし珠持ちだとラティアスを竜の波動で落とす事が難しく、流星群を打つ必要がある。




・ドラゴン技の不便さ

ドラゴン技を打つ相手は主に、水を半減する相手。つまり、ドラゴン、水、草。
ルンパッパにはこいつら対して、草技、冷凍ビームで対抗できるのに対して、キングドラはドラゴン技のみ。

ドラゴン相手はともかく、水、草相手には基本的に竜の波動では火力が足りない。なので流星群を打つ必要性が出てくる。

流星群を打つとその後は引かねばならず、手動あまごいの場合は雨が止んでしまう。
ニョロトノの場合は、キングドラからニョロトノを出すのは耐性の関係上、難しい。
またニョロトノから死に出しでキングドラを出すことも少なくは無いので、その場合は交代先がひとつになり、相手次第では交代が難しい。
さらに一度引っ込んだらまた場に出すことが難しく、死に出し降臨とかになってしまう。

つまりキングドラの流星群による特攻ダウンは他のドラゴンよりも重い。



・雨への依存度の高さ

ルンパッパの所でも触れたけど
キングドラは雨が降ってないと駄目な子なので、何らかの方法で雨を降らす必要がある。
対しルンパッパは雨が降っていなくても一応戦えるだけのスペックはある。

なので、キングドラを選出する時はニョロトノとセットでないと厳しいが、ルンパッパならピンで選出も可能。



・ニョロトノとの同時選出のしにくさ

キングドラはニョロトノの依存度が高いくせに、得意な相手と苦手な相手が被っていて相性補完もできてないので、同時選出しにくい。
その上キングドラはニョロトノが居ないと活躍し難い。これがキングドラ最大の難点でしょう。

ルンパッパの所でも触れたけど、ナットレイやユキノオーといった連中がいるだけで、選出をかなり戸惑うようになる。







ルンパッパとキングドラを比べて

雨パメタに強いのがルンパッパ

雨パのアッタカーとして強いのがキングドラ

こんな感じだと思ってる。

つまり、雨パがあまり対策されてない環境ならキングドラの方が使いやすいでしょう。
逆に対策されてるならルンパッパの方が活躍しやすいでしょう。

最近ランダム潜って無いので、どんな感じか分からないけど、今ならキングドラの方が使いやすいんじゃないかな。
スポンサーサイト



テーマ : ポケモン
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
プロフィール

ホモゲイ

Author:ホモゲイ
プレメモ、ヴァンガード、ホモ


【掲載内容】当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、
ガイドラインに従って転載しております。該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
(C)bushiroad All Rights Reserved.

最新コメント
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR